「賃貸マンション・アパートのお部屋探しなら「e-部屋探し」にお任せください。『物件検索のしやすさ』を重視した、使いやすい賃貸専門サイトです。

e-部屋探し > お部屋探しマニュアル-入居にはいくらかかる?
お部屋探しマニュアル
Manual1 入居にはいくらかかる?
まず、入居にはどれくらいお金がかかるかを知り、無理のない予算を設定しましょう。
入居までにかかるお金
入居までにはおもに次のようなお金がかかります。
礼金 大家さんに払うお礼のお金です。首都圏の場合、家賃の1~2ヵ月
分が一般的です。地域や物件によってはないこともあります。
敷金 入居者が家賃滞納した場合などに使われる預り金です。関西の一部
地域では「保証金」とも呼ばれます。原則、退去時に返却されますが、ここから部屋の修繕費やクリーニング代が引かれることが多いです。「敷引き」として無条件に返却されない金額が設定されていることもあります。
前家賃 契約時に契約した翌月の家賃を前もって支払うものです。
火災保険料 もしも入居中に火災を起こしてしまった場合、借りた部屋はもちろん、燃え広がった他の部屋を元の状態に戻すための莫大な修繕費用が生じます。そのときに備えて入る保険です。多くの賃貸物件で必須です。任意であっても、なんらかの保険には入っておいたほうが良いでしょう。費用は数万円程度です。
鍵交換料 前の入居者と同じ鍵を使うのはセキュリティ上問題があるため、鍵を交換します。大家さんが負担してくれる場合や任意の場合もあります。費用は数万円程度です。
仲介手数料 不動産屋さんへの報酬として払うお金です。賃貸契約が成立してはじめて発生します。家賃の0.5~1ヵ月分が一般的です。
部屋に入居するまでには家賃の約6倍程度のお金がかかると言われています。
家賃を毎月払えるかどうかだけでなく、こうした初期費用がどれくらい膨らむかも考えながら予算を設定しましょう。
継続的にかかるお金
賃貸住宅では、家賃以外にもさまざまなお金がかかります。
トータルでかかる費用を考えながら家賃の上限を設定しましょう。
家賃 大家さんに払う入居のためのお金です。一般的に、収入の3分の1~4分の1
程度に抑えるとよいといわれています。
共益費
管理費
アパートに設置された外灯やエレベーターなどの管理・維持のために入居者が
支払うお金です。毎月払うことは変わらないので、家賃の一部と考えたほうが
よいです。物件毎にかなり幅広い金額が設定されているので、必ずチェックし
ましょう。
更新料 入居の契約は通常2年単位となっています。契約満了時、継続してその部屋に
住む場合に大家さんに支払うのが更新料です。家賃の1~2ヵ月分のところが
多いです。
家賃が高くても更新料や共益費の内容によっては割安となる物件もあります。もちろん、
その逆もあります。
なかなか物件が見つからない場合は、こうした条件にも目を向けてみましょう。
Now Loading...

少しお待ち下さい