「賃貸マンション・アパートのお部屋探しなら「e-部屋探し」にお任せください。『物件検索のしやすさ』を重視した、使いやすい賃貸専門サイトです。

e-部屋探し > お部屋探しマニュアル-不動産屋さんに行ってみよう
お部屋探しマニュアル
Manual5 不動産屋さんに行ってみよう
希望する物件の目途がたったら、不動産屋さんに行ってみましょう。
希望する物件がはっきりしている場合はその物件を管理している不動産屋さんへ、不動産屋さんにとりあえず相談してみたい場合は以下を参考に自分に合った不動産屋さんへ行ってみてください。
不動産屋さんのタイプ
不動産屋さんのおもな収入源には以下のようなものがあります。
1)大家さんの代理として行う、管理物件の維持・修繕業務や入居者募集業務(元付)
2)大家さんと入居者を結びつける仲介業務(客付)
3)大家さんにアパートやマンションを建ててもらう施工業務
4)土地の売買
これらのどの部分をメインとしているかによって、不動産屋さんのタイプが分かれてきます。
【物件数が豊富&元付も行う:大手不動産業者】
全国的に有名な不動産業者です。紹介できる物件数が多いです。客付だけでなく、元付も行っているため、大家さんをよく知っている物件もあります。常にノルマに追われており、良くも悪くも営業力が強い傾向にあります。
【仲介がメインで物件数豊富:客付中心の不動産業者】
仲介がメインで入居後の管理業務を行っていない不動産業者は、紹介できる物件数が多いものの大家さんや物件についてよく知らないことが多いです。入居条件に見落としがあったり、入居審査で落とされたりすることがある点に注意が必要です。仲介がメインということは、仲介手数料を払う入居者のために動いてくれるということでもあります。生活保護を受けているなど大家さんにとってリスクの高い入居者でも嫌な顔をしないのはこのタイプの不動産屋さんです。
【掘り出し物件がみつかるかも:地元密着型の不動産業者】
「○○不動産」のような名前がつくことが多い、家族経営の不動産屋さんです。大家さんや物件の情報に詳しく、ネットに公開されていない掘り出し物件を持っていることがあります。どちらかというと土地の売買や物件の管理業務がメインなので一番のお客さんは家主です。そのため、入居者を選ぶ傾向があります。無理な条件を言えば素っ気なく扱われ、いい客だと判断されれば、家賃交渉にも積極的に応じてくれます。
【施工から管理までトータルに展開:大手の不動産&建築業者】
全国的に有名な不動産と建築を兼ねた業者です。どちらかというと、建築業者のイメージのほうが強いかもしれません。建物の施工から管理までトータルに事業を展開しています。特に建物の施工に重点が置かれており、築浅の物件や管理の行き届いた物件が多数あります。マニュアルに則った対応で、あまり融通は利きません。建物の施工時に「○○年一括借上」のような空室時の家賃保証をしているところでは、空室状態が続いていると一気に融通を利かせてくれる傾向があります。
不動産屋さんにお願いできること
不動産屋さんは部屋探しのお手伝いや入居の契約だけを行っているのではありません。物件に関するさまざまな交渉も行ってくれます。
【家賃交渉】
入居者にかわって大家さんに家賃の交渉をしてくれます。特に入居者の立場が優位になる5月中旬~8月上旬がチャンスです。家賃交渉をするときは、選択肢を出されるとそのどちらかを選ぼうとする、という心理を利用して「礼金を半分にするか、家賃を2000円下げてくれたら契約する」のように二つ条件を提示してみるのがうまくいくコツです。ちなみに、家賃交渉は応 じてもらえたら契約するのがマナー。ほぼこの物件で決まり、というときのみ使うようにしましょう。
【入居前の修繕のお願い】
部屋の下見に行って気になるところがあった場合に、入居までに直してもらえるよう大家さんに頼んでもらうことができます。
【諸費用についての交渉】
物件のなかには、火災保険や家賃保証保険などの諸費用が高すぎることがあります。こうしたものについてよりリーズナブルなプランを選択できるよう大家さんに頼んでもらうことができます。
もちろん、すべての不動産屋さんがこうしたお願いに応じてくれるわけではありません。あまりお願いに応じてくれる気配がなければ、他の不動産屋さんを探してみるのも一つの手です。
不動産屋さんのこんな言動に注意
言葉巧みな不動産屋さんのセールストークにはまってしまい、希望通りでない物件で契約を結んでしまう人もいます。特に以下のような不動産屋さんには気を付けましょう。
【店頭の賃貸情報に更新された形跡がない】
賃貸情報は日々の契約状況によって次々と更新されるはずです。それが長らく変わっていないということは、優良物件で現在入居者を募集していない「おとり物件」を出している可能性があります。こうした不動産屋さんは避けましょう。
【早く契約を決めるよう迫る】
「もうこれ以上物件はない」、「今日決めなければ他の客に取られてしまう」、「どの不動産屋でも同じ」などの発言で、早く契約を決めるよう迫る不動産屋さんも要注意です。本当にその物件しかないかどうかは他の不動産屋さんを回ってから判断してください。
【引っ越し業者やプロバイダをしきりに勧めてくる】
引越し業者やプロバイダの契約を取って、紹介料をもらっている不動産業者もいます。しつこいぐらいに勧めてくるときには注意しましょう。
【希望通りの物件を紹介してくれない】
希望条件の一部だけ満たしている「ブス」物件をいくつか見せた後で、条件を満たしているけれど希望する家賃よりも少し高額な「美人」物件を見せる、という不動産屋さんのテクニックがあります。こうすると、美人物件で「まぁいいか」と妥協してしまう人は多いのです。特に、賃貸住宅に慣れていない人は、相場より割高の物件を紹介されやすいので気を付けましょう。
Now Loading...

少しお待ち下さい